ブログ運営

【ブログ初心者必見】pvを増やすための正しい記事の書き方

ゆでたま

最近ブログをはじめてみたけど、どうやって記事を書いたらいいか分からない

自分が書いている記事の書き方が合っているのか分からない

ブログをはじめてみたは良いけど、こんな悩みにぶつかっていませんか?

ブログでアクセス数を増やし、収益化につなげるためには、まず「正しい記事の書き方を覚えることが大切」です。

実は私も記事の書き方が分かっていないまま、2ヶ月目まではただやみくもに記事を書いていました。

一向に増えることのないアクセス数...

本当にこの先pvは増えていくのか?継続すればいづれ収益化はできるようになるのか?と不安を感じるようになりました。

そんなとき"とってもわかりやすくて簡単な記事の書き方"をブログの先輩に教えてもらう機会がありました。

今回は先輩から学んだ「初心者の正しい記事の書き方」とあわせて自分で得た知識を交えながらわかりやすくご紹介していきます。

こんな人にオススメ

  • ブログ初心者で正しい記事の書き方が分からない
  • pvが増える記事を書きたい
  • ブログで収益化を目指したい
ゆでたま

こんにちは。ゆでたまごです。ブログ運営をしていく中で、学んだことなどの有益な情報を、ブログ初心者に向けて発信しています。

それでは具体的な記事の書き方と手順をご紹介していきます。

キーワード選定をする

まず、ブログの記事を検索上位にもっていく上で、絶対に必要になってくるのが「キーワード選定」です。

キーワード選定のポイント

  • 妄想キーワードはダメ
  • 「検索ボリューム」と「競合性」を意識

妄想キーワードはダメ

キーワードを決めるときに「あ、このキーワードの組み合わせいいなぁ♫」みたいな感じで、ただ自分の好きな"妄想キーワード"で記事を書いていませんか?

どれだけいい記事を書いたとしても、そのキーワードが検索すらされていない、需要のないものだったら、

アクセス数は集まらないどころか、読者の目にとまることすらなくなってしまいますよね。

ゆでたま

筆者もブログ開始1ヶ月目の頃は、自分の好きな"妄想キーワード"で記事を書いていました。

ですので「ラッコキーワード」と「キーワードプランナー」を使ってしっかりとキーワード選定をしていきましょう。

「検索ボリューム」と「競合性」を意識

キーワードプランナーで表示したキーワードの中で検索ボリュームが「10-100」「100-1000」の競合性が「低」のものを選びましょう。

検索ボリュームとは月間に検索される平均回数のことです。例えば検索ボリュームが「10-100」だったら1ヶ月に1-10回検索されたということになります。

いっけん、検索ボリュームが「1-10万」のような検索数が多いキーワードの方が、良いような気がしませんか?

しかし、大きければ大きいほどライバル(競合)も多く、Googleでの上位表示の難易度が高くなってしまいます。

ですのでこれから記事を書く人は検索ボリュームが「10-100」「100-1000」で競合性が「低」のキーワードを選ぶようにしましょう!

ゆでたま

最初のうちは「10-100」のキーワードを狙って書いていました!

ついでに言うと「10-100」のキーワードはあまり他の人が狙わないためブログ初心者でも上位に表示されて「アクセス数」が集まりやすいキーワードなんです!

はじめのうちは検索数の少ない「10-100」のキーワードを選んで記事を書くようにしましょう。

キーワード選定についての詳しい情報についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

ターゲットをしぼる

キーワードが決定したら、次はターゲットをしぼります。

例えば本記事のキーワードは

「ブログ初心者 書き方」にしていますが

ターゲットは「ブログを始めて1-3ヶ月くらいの方」に設定しました。

誰に向けて記事を書いているのかを自分の中ではっきりとさせることで、記事の答えになる部分も明確にすることができます。

ゆでたま

ターゲットは、過去の自分でも大丈夫だよ!

また、ターゲットを「過去の自分」に設定するのもオススメです。

過去の、何もわからなかった頃の自分に教えてあげるつもりで記事を書くことで、より読者目線になることができます。

悩みに寄りそう

これまでに決まったこと

  • キーワードは「ブログ初心者 書き方」
  • ターゲットは「ブログをはじめて1-3ヶ月くらいの方」

ターゲットが決まったら次は読者の悩みに寄り添いましょう。

設定したキーワードを検索してきた人を思い浮かべて、その人がどんな悩みを持ってそのキーワードを検索してきているのかを想像します。

この記事で言うと「ブログ初心者 書き方」を検索した「ブログをはじめて1-3ヶ月くらいの方」です。

これを調べた人はきっと

✔︎ブログをはじめたけど書き方が全くわからない

✔︎何記事か自分で書いてみたけど書き方が本当に合っているのか不安

こんな悩みをもって検索してきてると思いませんか?

なので、この悩みに寄り添って、記事の書き方をわかりやすく説明することが大切になってきます。

ニーズを引き出す

これまでに決まったこと

  • キーワードは「ブログ初心者 書き方」
  • ターゲットは「ブログをはじめて1-3ヶ月くらいの方」
  • 読者の悩みは「ブログの書き方が分からない」

読者の悩みが分かったら、次はニーズを引き出します。

ニーズには「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」があります。

顕在とは"はっきりとかたちに現れて存在すること"です。

潜在とは"表面には現れずうちにひそんでいること"で潜在意識などが分かりやすいかと思います。

顕在ニーズ

この記事で言うと、顕在ニーズはひとつ前の、悩みによりそうのところででてきた「記事の書き方がわからない」です。

記事の書き方がわからないという"顕在ニーズ"がらあるからこそ、「ブログ初心者 書き方」で検索してきているのです。

潜在ニーズ

では、潜在ニーズを考えてみましょう。

このキーワードで検索した人の内に潜んでいるニーズとは何でしょう?

そもそも、記事の書き方がわからない人は、ほんとうは記事の書き方を知りたいのではなく、

その先にある、記事が書けるようになることで「pv数を増やす」や「収益化につなげる」ことが目標だと思いませんか?

ですので潜在ニーズは「pv数を増やす」「収益化につなげる」になります。

ゆでたま

潜在的にひそむニーズを満たすために、顕在ニーズ(記事の書き方を知りたい)として表に現れているんだね。

ゴールを決める

これまでに決まったこと

  • キーワードは「ブログ初心者 書き方」
  • ターゲットは「ブログをはじめて1-3ヶ月くらいの方」
  • 読者の悩みは「ブログの書き方が分からない」
  • 潜在ニーズは「pv数を増やしたい」「収益化につなげたい」

潜在ニーズまでが分かったところで、次は解決できるゴールを決めていきます。

「検索したキーワード」=「読者の知りたいこと」で、読者が求めているのはその知りたいことに対する"答え"です。

「ブログ初心者 書き方」で検索した人が、求めている答え(ゴール)を書きます。

つまり「pv数を増やし、収益化につなげるための正しい記事の書き方」を教えてあげれば良いと言うことです。

ゆでたま

潜在ニーズをしっかりと意識することで、記事の最終ゴールを決めることができるね。

記事を書いているうちに、だんだんと何を書いてるのか分からなくなってしまったという経験はありませんか?

筆者も初めの頃は、記事を書いているうちに、自分でも何を言いたいのかが分からなくなったりすることが多々ありました。

ゆでたま

記事の方向性を見失わないためにも、ゴールを明確にする必要がありそうだね。

読者の知りたい"答え"を明確に提示してあげることで、読者の悩みが解決できる記事になります。

見出しを決める

これまでに決まったこと

  • キーワードは「ブログ初心者 書き方」
  • ターゲットは「ブログをはじめて1-3ヶ月くらいの方」
  • 読者の悩みは「ブログの書き方が分からない」
  • 潜在ニーズは「pv数を増やしたい」「収益化につなげたい」
  • ゴールは「pv数を増やし、収益化につなげるための正しい記事の書き方」

ゴールが決まったら、最後は見出しを決めていきます。

読者が知りたい"答え"にたどり着けるような見出しを考えていきます。

本記事で言うと、「ブログ初心者がpv数を増やし、収益化につなげるための正しい記事の書き方」がわかるための必要なポイントを見出しにしました。

まとめ

以上がブログ初心者が正しい記事を書くためのポイントになります。

ポイント

  1. キーワード選定をする
  2. ターゲットをしぼる
  3. 悩みに寄り添う
  4. ニーズを引き出す
  5. ゴールを決める
  6. 見出しを決める

これから記事を書く人や、正しい書き方がわからなくて困っているという方は、ぜひこのポイントを意識して記事を書いてみてください。

ゆでたま

▶︎美容・美肌オタクの美容ナース ▶︎おすすめのスキンケアや美容医療を紹介 ▶︎みんなが美肌になれるように♡♡

    -ブログ運営