出産・育児

コニー抱っこ紐 【失敗しない】サイズ選びのポイント

ゆでたま

抱っこ紐で人気のコニー。
“使ってみたいけど店舗での試着もできないし、何よりサイズ選びが難しそう…”

このようにお考えのママも多いのではないでしょうか

サイズ選びに迷っているママさんのために、実際にわたしが使ってみた経験を踏まえて、コニーだっこ紐のサイズ選びのポイントについてご紹介していきます。

こんな人にオススメ

  • サイズ選びに迷っている
  • サイズ選びを失敗したくない
  • 実際に使った人の意見を聞いてみたい

このようなお悩みがある方はぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

あわせて読みたい
ゆでたま

こんばんは。元小児科ナースのゆでたまです。ナース時代や子育てで学んだことを発信しています!

わたしは出産して3週間後にコニー抱っこ紐を購入しました。

その時、SサイズかMサイズでかなり迷い口コミなどを身漁った記憶がありますが、結果小さめのSを購入して大正解でした。

コニー抱っこ紐は、サイズ選びさえ間違えなければとても優秀な抱っこ紐です!

それではコニー抱っこ紐のサイズ選びのポイントについてご紹介していきます。

基本的なサイズの選び方

こちらはコニーの公式サイトにあるサイズ表です。

コニー抱っこ紐のサイズ表
公式サイトサイズ表

基本的にこのサイズ表記に沿って選びますが、これがなかなか悩みますよね。

コニーのサイズ表記のS、M、Lは日本のサイズ表記のS、M、Lよりも少し大きめに設定されています。

なので、自分が普段着ている服のサイズよりも"ワンサイズ小さいサイズ"を選ぶと失敗しにくいです。

サイズ選びのポイント

ここからは、私が実際に購入した時の話をしながらサイズ選びのポイントについてご紹介していきます。

筆者の体型

  • 身長▶︎164cm
  • 体重▶︎47kg(妊娠前)
  • 肩幅は広めで角張っている方
  • 胸板がうすくて全体的に華奢

普段の服はMサイズ(911)を着ることが多いです。

コニー抱っこ紐は、SサイズとMサイズで迷いましたが、結局普段着ている服よりもワンサイズ小さいsサイズを購入しました。

ゆでたま

結果、わたしにはピッタリサイズで失敗せずに済みました!

ポイント

コニー抱っこ紐のサイズ感は"やや大きめ"
普段の服のサイズよりワンサイズ小さいものを検討してみましょう!

身長・体重以外に重要なもの

コニー抱っこ紐を買うときに、身長と体重を目安に考えている人は多いと思いますが

身長・体重以外に重要になってくるのが、胸板・肩幅・胸のサイズなどの上半身の体型です。

コニー抱っこ紐は、着用すると胸と布の間に赤ちゃんがぴったりとおさまるような形になります。

肩幅が広かったり、胸板が暑いと、その分赤ちゃんを入れる布の袋の余地がなくなってしまいます。

結果的に、赤ちゃんの入るスペースが狭くなってしまうので、胸板が薄く華奢な方と比べるときつく感じやすいと思います。

🔸ここで、筆者と筆者の母の体型をご紹介します。

筆者筆者の母
身長164cm162cm
体重47kg52kg

身長体重にそこまで大きな差はないので、いっけん同じSサイズでもいけそうな気がしますが

筆者の母は、筆者よりも胸板が厚く筆者と比べると、上半身がふくよかな体型です

実際に筆者のSサイズのコニーを母が使うと、きつくてうまく使えません。

同じような身長・体重であっても違うサイズになるということはよくあります。

ポイント

胸板・肩幅・胸のサイズなどの"上半身の体型を考慮"して購入する

ゆでたま

身長・体重だけに目を向けないようにしましょう!

eカップ以上の大きい方はどうしたらいい?

上記でも説明したように、上半身の体型によってサイズ選びは変わってきます

eカップ以上のような胸の大きい方はどうしたら良いのか迷いますよね。

実際にeカップのAさんとBさんの体型を以下にまとめてみました。

Aさん

  • 身長165cm、産後55kg前後(産前も同じ)
  • 普段の服のサイズは主に13号。11号だとボタンがパツパツになる。
  • 普段はLサイズ
  • コニー抱っこ紐はMサイズでピッタリ

Bさん

  • 身長167cm、体重57kg(産前不明)
  • eカップ〜fカップ
  • 普段はMサイズを着る
  • コニー抱っこ紐はSサイズを購入しピッタリ

🔸AさんBさんの比較

AさんBさん
身長165cm167cm
体重55kg57kg
カップ数eカップe〜fカップ
普段の服のサイズ13号(L)M
コニー購入サイズMS

ふたりとも同じような身長・体重・胸のサイズでも、AさんはMサイズを、BさんはSサイズを購入してピッタリだったそうです。

同じような身長・体重・胸のサイズでも、鳩胸で上半身ががっちりしている人もいれば、胸のサイズは大きいけど上半身は華奢な体型だったりと、さまざまです。

胸のサイズが大きいからと言ってそれだけでサイズを選ぶのではなく、ご自身の上半身の体型も考慮することをおすすめします。

ポイント

胸のサイズだけにとらわれず、上半身の体型や普段着ている服のサイズを考慮する。

ゆでたま

ここでもやはり、上半身の体型が重要になってきていますね!

子供の月齢や体重は関係ある?

せっかく赤ちゃんのときにコニー抱っこ紐を購入しても、子供が成長してしまったら使えなくなってしまうのでは?と考える方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、イズ選びに子供の月齢や体重はあまり関係なく、さらにかなり長期間使えます

筆者は産後1ヶ月程度(当時の我が子の体重4kg)〜コニー抱っこ紐を使い始めました。

成長して現在2歳(13kg)になった我が子がいますが使用頻度は減ったもののなんと、現在も現役で使っています

成長によって体のサイズはかなり大きくなったものの全く問題なく使用できています

ゆでたま

さらにコニー抱っこ紐は20kgまで使えるとのことなのでかなり長期にわたって使えるのも嬉しいですよね♫

妊娠前のサイズでOK?

もう一つ、コニー抱っこ紐を購入する際に気になるのが、出産による自分の体型の変化ではないでしょうか?

ゆでたま

わたしも妊娠して17kgも太ってしまったので、"体型が元に戻った時にサイズが合わなくなったらどうしよう"と不安でした。

実際、体型は半年で元に戻りましたが問題なく使用できました。

以下は、体重が戻ったときのことを考えて、筆者が2つのサイズで迷っていた体験談です。

2つのサイズで迷っていた

購入当時(産後1ヶ月)の筆者の体重は、今よりも+10kgでした。

Mサイズの方が良さそう。でも体重が戻ったらSサイズの方が良いような気もする...

そんな感じでSサイズとMサイズで迷っていました。

結局、妊娠前の体重や体型に合わせてSサイズを購入しましたが、産後1ヶ月の+10kgの時点でもサイズはピッタリでした!

ゆでたま

なんと、10kg痩せた現在も全く問題なく使うことができていますよ〜!

妊娠したからと言って、私の場合は上半身の体型もそこまで大きく変わらなかったし、逆にMサイズを購入していたら、ほとんど出番はなかったと思います。

なのでコニー抱っこ紐は基本的に妊娠前の体型に合わせて購入することをオススメします。

ポイント

基本的には妊娠前のサイズに合わせて購入。

※ただ、妊娠前と後でかなり体型の変化がある場合もあるので、公式サイトにもありますが、妊娠前・後の両方の体型を考慮してご購入することおすすめします。

男性・パパとの共有はできる?

コニー抱っこ紐、せっかくならパパとの共有もしたい!と思う方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、我が家の場合はコニー抱っこ紐を体型の違う夫婦間で共有することは難しかったです。

我が家の場合

🚺私164cm47kg▶︎Sサイズがちょうどいい
🚹夫176cm60kg▶︎Mサイズがちょうどいい

夫にはきっとMサイズがちょうどいいはず。と思いSサイズとMサイズで購入を迷いましたが私に合わせてSサイズを購入しました。

結果、いくら痩せ型の夫でもsサイズはきつくて共有することはできません。

デメリット

コニー抱っこ紐はベルトなどでのサイズ調整ができないため、夫婦間の共有は難しい。

ゆでたま

共有することは考えずに自分に合ったサイズを選びましょう。

それでも、どうしても夫婦で共有して使いたいという方には、こちらの"スモルビ"という抱っこ紐がおすすめです。

コニーと同じようなかわいいみためで、サイズ調整ができるようになっているので体型が違う人との共有が可能です

ゆでたま

コニーよりもお手頃価格で購入できますよ♪

2つのサイズで迷った時

最後に2つのサイズで迷った時はどうしたらいい?と言う悩みについてお答えしていきます。

冒頭からもう何度も言っていますが、2つのサイズで迷ったら、小さい方を選ぶことをオススメします。

実際に公式サイトでも「悩んだら小さめを購入するのをおすすめします。」あります。

小さめがおすすめな理由

  • 伸縮性がある
  • ママの負担を軽減

伸縮性がある

コニーの抱っこ紐には伸縮性があります。

そのため、最初はきつく感じでも抱っこしていれば徐々に伸びいきます。

むしろ、最初はすこしきついかな?と感じるくらいの方がちょうど良いです。

ゆでたま

使っているうちに、最初より少しずつ伸びていくよ!

ママの負担を軽減・赤ちゃんに安心感を与えられる

コニー抱っこ紐は、密着して抱っこできた方が、抱っこするママやパパ側のからだの負担が軽減できる。

肩と背中(腰上部)に体重を分散させますが、サイズが大きいと赤ちゃんと自分が密着しないため肩や腰に負担がかかりやすです。

またピッタリとした密着感がないと赤ちゃんも落ちつかず、赤ちゃんの居心地も悪くなってしまいます。

ゆでたま

ぴったり密着した方が、あかちゃんも安心して眠ることができます♪

以上のことから2つのサイズで迷った際には小さめを購入するがオススメです。

それでも迷う時は

それでもサイズ選びに不安がある方は、試着ができるホーム試着サービスがコニー公式サイトにありますので見てみてください

(試着サービスには適応条件があるのでご確認ください)

また、コニーと同じような抱っこ紐でサイズ調整が可能な"スモルビという商品もあるので検討してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

コニー抱っこ紐のサイズ選びに迷った時は、以上のことを参考にサイズ選びをしてみてください。

サイズ選びのポイント

  • 上半身の体型を考慮することが最も重要
  • こどもの月齢や体重などはあまり関係ない
  • 妊娠前の体型にあわせて購入するのがおすすめ
  • 夫婦での共有はむずかしい
  • 迷ったら小さいサイズがおすすめ

1人でも多くのママさんの参考になればうれしいです^^

この記事は、筆者が実際にコニー抱っこ紐を使用してみての個人の感想なので、あくまで参考程度にご参照ください^^

【にほんブログ村】
↓はげみになるので、応援クリックお願いします^^

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ゆでたま

▶︎美容・美肌オタクの美容ナース ▶︎おすすめのスキンケアや美容医療を紹介 ▶︎みんなが美肌になれるように♡♡

    -出産・育児